平和に働きたいと考える夏目三久にはゼンスタッフサービス株式会社が最適かも

基本的に世界は競争社会です。
ひまわりだって、隣に咲いているひまわりよりも
早く成長して日光を独占したいと頑張っています。
夏目三久も日本テレビに所属していた時は骨肉の争いをしていました。
別に血縁関係ではありませんでしたが、
春秋戦国時代のように多くの国が血で血を洗う戦いをしていたことでしょう。
函谷関の時のように6国(5国)が1国を袋叩きしてことも。
そうした争いが嫌いだからこそ夏目三久は
日本テレビを辞職してフリーに転向したのです。


ゼンスタッフサービス株式会社はとても平和な職場です。
一向一揆みたいなものもありません。
藩(派遣先企業)と農民(派遣社員)の中はとても良好になります。
もしくは幕府(ゼンスタッフサービス株式会社)が強いとも言えそうです。
ゼンスタッフサービス株式会社がしっかりと派遣社員を見守りますので、
働く方としても不満は出ないのです。
仮に不満があったら直ぐに別の職場を紹介してくれます。
それと仲間同士での争いもゼンスタッフサービス株式会社にはないでしょう。
そもそも争いが起きるのは互いにナンバーワンを目指すからです。
芸能界はそうした戦いがかなり苛烈で、
足の引っ張り合いは日常茶飯事とも言われています。
夏目三久も日本テレビ時代は散々な目にあったと言われています。
一瞬でも隙を作れば一気に攻め込まれるのが普通となる世界なのです。
ゼンスタッフサービス株式会社が取り扱う求人は
特にナンバーワンを目指すことはしません。
厳密にはナンバーワンを目指すくらい奮闘するものですが、
他人の仕事を奪うようなことは一切しないのです。
夏目三久がしているアナウンサーのお仕事はひとつしかありませんが、
ゼンスタッフサービス株式会社は「たくさんの方が働く」お仕事しか取り扱いません。
それゆえ、ゼンスタッフサービス株式会社の仲間内で争うことが一切ないのです。
もちろん派遣先企業の社員さんとも争いませんよ。
同じ場所で働く以上は協力関係にあった方が効率良く働けるというものです。


と言ってもあまりに平和すぎるのもマズイでしょう。
刺激があまりにも少ないと眠くなります。
ゼンスタッフサービス株式会社は
そうした退屈なお仕事はほとんど取り扱っていませんが、
イベントスタッフのお仕事の中には、
3時間突っ立っているだけのものがあるかもしれません。
案内スタッフとして働く場合、ホールでイベント実施中だとその間はとても暇です。
それでいてスマホで遊んでいたら怒られます。
ポケーとするのが得意な方はゼンスタッフサービス株式会社の
そうした仕事に挑戦してみませんか?
これに関しては夏目三久には務まらないかも。
そのほか、ゼンスタッフサービス株式会社の受付事務のお仕事も
そんなに厳しいものではありませんので、ランチ後はウトウトしてしまうかも。
眠気対策はしっかりとしておきましょう。


テレビ番組は一人では作れません。
バラエティ番組では複数の出演者が登場し、番組内を盛り上げていきます。
そして夏目三久はそうした番組制作が苦手とも。
マツコと有吉の掛け合いが特に苦手だと言っていました。
番組作りに色々と心労を抱える方は少なくないでしょう。
ゼンスタッフサービス株式会社のお仕事でしたら、
そうした重圧あるお仕事は少ないと思います。
マツコが良く利用しそうな高級アパレルショップで働く場合は、
お客の相手に気苦労を重ねるかもしれませんが、
幸いにもゼンスタッフサービス株式会社は
そうしたところに派遣することはありません。
あったとしても銀座三越くらいでしょう。
王族御用達のようなお店で働くことはありません。
気持ち的には夏目三久が今もしているアナウンサーや
バラエティの司会よりもかなり楽だと思いますよ。
ノルマのようなものもありませんので、
正社員からゼンスタッフサービス株式会社の派遣社員に
転向する方は意外と多いのです。


日本は資本主義の社会です。
競争がないと経済は発展しません。
ゼンスタッフサービス株式会社も競合している派遣会社と
色々と競争していると思います。
しかし競争ばかりしていたら身体も心も壊してしまいます。
100mを10秒で走れる人に対して
「じゃあフルマラソン1時間10分で走れるね」なんて言わないでしょう。
夏目三久だって6時間34分掛かっています。
どんなことにも適度に休みは必要なのです。
人間の限界を超えて仕事量を圧縮することは出来ないのです。
そしてストレスが多い職場だと、たったの数秒でメーターを振り切ることも。
今の時代はストレス社会ですが、
中には即死級のストレスが襲ってくる職場もあります。
自分の命を守るためにもゼンスタッフサービス株式会社で
働くことを視野に入れてみてください。

カテゴリー:ゼンスタッフサービス株式会社

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です