ゼンスタッフサービス株式会社がベトナムに海外進出したら夏目三久が活躍しそう

夏目三久は大学でベトナム語を専攻していました。
もしもゼンスタッフサービス株式会社がベトナムに海外進出したら、
夏目三久の語学はかなり役に立ちそうです。

 

 

日本の中興の地理歴史は西欧が主体であり、
東南アジアのことはほとんど学びません。
ベトナムがどういった国か知らない方はかなり多いかもしれません。
人口は9170万人
公用語はベトナム語。
ゼンスタッフサービス株式会社がベトナムに支店を出すなら、
夏目三久のようにベトナム語を話せる社員を用意する必要があると言えます。
多分、英語だけでは地域住民とのコミュニケーションが出来ないでしょう。

 

ではゼンスタッフサービス株式会社がベトナムに支店を出すとしたら、
どんなことが出来るでしょうか?
恐らく、日本でやっていたことをそのまま転用することが可能だと思います。
ベトナムの首都ハノイでしたら、近代的な建物が無数にあり、
コンビニやレストラン、家電量販店が無数に溢れている筈。
ゼンスタッフサービス株式会社が得意とするコールセンターのオフィスも
首都を中心に点在しているかもしれませんよ。
電話対応はどこの国に行っても仕事としてあるものなのです。
流石に木の上で暮らす未開の地や島国では電話自体ありませんが、
国として機能している首都でしたら近代的な文明が揃っている筈。
もしかしたら、
日本の下手な地方都市よりもハノイの方が発展しているかもしれませんよ。
札幌市とどちらが上か気になるところですね。

 

ベトナムでもゼンスタッフサービス株式会社は普通に働けると思いますが、
そのためにもやはりベトナム語は必修でしょう。
ゼンスタッフサービス株式会社の正社員は
ベトナム語を覚えるのに四苦八苦することでしょう。
夏目三久を家庭教師に雇って勉強するのが良いかもしれませんね。
もしくはネットの通信教育などを利用するのが良いかも。
日本は英語塾がたくさんありますが、
ベトナム語塾は全くと言っていいほどありません。
ベトナム語のような第二外国語は夏目三久のように大学に行くか、
通信教育で身に付けるしかないのです。
そしてベトナム語を習得したら、あとは日本とやることは一緒。
ゼンスタッフサービス株式会社の正社員が
ベトナムの現地人に対して面談を行って、それぞれの適職を紹介します。
家電量販店やコールセンター、
軽作業など様々な仕事を紹介することでしょう。

 

ベトナムの産業についても注目してみたいと思います。
日本にはなく、ベトナムにはある仕事というのが無数にあるのです。
そのうちのひとつが鉱業。
日本の炭鉱掘りは遥か昔に廃業されてしまいましたが、
ベトナムは今も現役。
石炭だけでなく、石油や天然ガスもたくさん産出しています。
そうした仕事をゼンスタッフサービス株式会社が紹介するのもアリかもしれません。
炭鉱掘りに強い人材とかを送り出すようになるかもしれませんよ。
また、意外と知られていませんが
ベトナムの各家庭にはキッチンがあまりありません。
自炊する文化が少なく、
それゆえ安価で食事が出来る屋台やレストランが多いとのこと。
夏目三久が好きな料理も並んでいるでしょう。
ゼンスタッフサービス株式会社はスーパーへの派遣よりも、
レストランへの派遣を多く取り扱うことになるかもしれませんね。
もちろん、ベトナムは一次産業も盛んです。
農業や漁業の成長ぶりは日本の産業を脅かすほど。
タイ米は世界的に有名ですが、実はベトナム米はタイに次いで有名。
エビも有名であり、夏目三久もかなりお世話になっているのではないでしょうか。
そうした産業はあまり派遣の出番はないかもしれませんが、
大きな養殖業をするようになったらゼンスタッフサービス株式会社から
プロフェッショナルを送り出すのも手かも。
ゼンスタッフサービス株式会社の派遣社員は
「労働力」を送り込むというよりも「技術力」を送り込むことに特化しており、
ベトナムの企業の多くがそれを利用するようになるかもしれませんよ。

 

ゼンスタッフサービス株式会社の派遣事業とは少し違いますが、
日本の研修事業は世界一優秀です。
新人研修の概念があるのは日本くらいとも言われています。
そして近代化を考えているベトナムは日本の研修に興味津々。
ゼンスタッフサービス株式会社が研修事業を本格的に実施すれば、
多くのベトナム企業がゼンスタッフサービス株式会社に頼るようになると思いますよ。
ゼンスタッフサービス株式会社の研修はかなり優秀なので、
ゼンスタッフサービス株式会社がベトナムに出店すれば、
ビジネスマナーを身に付けたベトナム人が急増するかもしれませんよ。

カテゴリー:ゼンスタッフサービス株式会社, 夏目三久

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です